英語が話せない私でも何とか幸せに暮らしていけている・・・? アメリカでの奮闘の日常を綴っていこうと思っています。


by rui0930

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春の訪れ

2月~3月にかけて、サンディエゴではあちらこちらで花の開花を見る事ができます。

砂漠でもたくさんの花が咲き、とてもキレイで、多くの人が訪れる時期でもあります。
私もこの時期の砂漠が大好きです。

サンディエゴは海も山も砂漠もあり、多くの自然を満喫できる素敵なところです。



先週、Anza-Borrego Desert State Park へキャンプに行ってきました。

サボテンの花、地面一面の小さな花、緑も多く、とってもキレイでした。
湧水も所々で見られ、かなり癒されました。

水場では、夕食、朝食、次の日の飲み水としての水を各自持参のポンプを使って汲み上げます。

今回行った場所は観光に来ている地元の方が多く、水場は砂漠の中の涼み場でもあるので、多くの方が足を浸けて休憩していました。



いくらポンプを使うから、とは言え、
みんなが足を浸けてるところで水を汲むのは「イヤ」よね・・・と言う事で、
私たち2人はちょっとグループから抜け出し、
岩場を登り出来るだけ上流を目指し、ひっそりと水汲み。
帰りは約6リットルの水を2人で分担して持ち、もと来た岩場を下ります。
かなり急な所を登って行っていたので、「行きはよいよい帰りは怖い」って感じでした。

夜は月が出ていたので、今回は残念ながら星はあまり見れませんでしたが、
月が明るいので、夜でもライトなしで外をブラブラできました。
月がないと星がたくさん見れますがライトなしでは外を歩くことはできません。

町中に住んでいると月がどれほど明るい存在なのか知る事もなかったのですが、
こうして、キャンプをするようになって、初めての体験を得て、
改めて自然って素敵!!って思うようになりました。

私にとってはキャンプを始めて2年目の春。
岩に登ったり飛び渡ったり、昨年は見なかった花が見れたり。
とっても素敵な経験ばかりです。


来週はMammoth Mountainと言う雪山でキャンプです。

昨年、私の寝袋(マイナス6℃まで対応)は凍えそうに寒かったので、
先日もう少し暖かめのダウンの寝袋(マイナス18℃まで対応)を改めて購入しました。

なぜかマイクもお揃いで購入。
「何で新しいの買うのぉ~?お金もったいないやん」って思っていたのですが、
お揃いの理由は、2つの寝袋を1つにくっつける事ができるから!・・・と。

理由が素敵な発想だったので、返品を要求する事もなく、
これで少しは寒さを軽減できるかも??と期待しています。

新しい寝袋の感想はまた後日述べてみたいと思います。
[PR]
by rui0930 | 2009-03-16 02:58 | 2人の時間

出会い・・・。

私は2007年4月に生まれて初めてアメリカにやって来ました。
英語が全くできなかった私はエイジェントを通して「サンディエゴ」に来る事に。

幸いにも、ホストファミリーの3件ほど隣に日本人の奥さんが住んでいて、
その方の紹介で、アメリカでも看護師をされていると言う、女性を紹介してもらいました。

(アメリカでも看護師の資格を取る事が私の目標なので・・・。)

その女性に出会ったのがそもそもの始まりだったんです。

7月末に、その方がお友達の家での夕食会に誘って下さいました。
そしてそこで、彼(マイク)に出会いました。

マイクはその方の元同僚でもあり、後日、彼女とその旦那さんと4人で一緒に映画でも行こう! と言う話になり、一応、連絡先を交換。

私はまだまだ英語が話せる状況ではなかったので、映画の段取りはマイクの同僚の方が進めて下さったのですが、当日になって、彼女と彼女の旦那さんがキャンセルに。

何だか、してやられた・・・?って感じでした。

結局、映画は私がまだまだ理解できないだろう、と言う事で止めにして、ランチとビーチ巡りへ行くことに。
何をどう話してよいかも分からず、辞書と格闘しながらのコミュニケーション008.gif
でもそれでもなぜか、彼は居心地良く感じてくれたようで、
後日、電話で次の週末も出かけよう、って誘ってくれました。

出会いって、いつどこでどうやって始まるのか、不思議ですね。
[PR]
by rui0930 | 2009-03-02 05:32 | 2人の事